« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

こんな何気ない幸せな日々が続きますように

年明けからあんまり更新してないドンブログ

みんな待っててくれてるかな?(もうみてくれてない?)

忙しい合間を縫って書こうかと思うんだけど睡魔という魔物が。。。

最近少しでも時間があると寝ちゃいます

ウチののんきな2人は超元気だよ!

いつものお散歩風景の動画をアップします

特にパンくんは気が狂ったように走り回ってます

どんなんかはいまだに飛びついてます!

この辺は田舎だから走るところ多いけど、都会とかでボーダーコリーとか飼ってる人は本当に大変だよね

 

何気なく散歩してるだけなんだけど、なんんだかしみじみと幸せだな~と思って

贅沢は言わないから、こんな日々が続いてくれたらいいなと思うドンパパでした

Imgp2289

これからはサボらずに更新しまっせ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さんちゃん(仮名)改め”ちび”(本名)飼い主現るの巻

三ちゃん(仮名)の飼い主が見つかりました!

Img_twins1 ←↓とってもにてる

Dsc_0022

やった、すごい!99.9%見つからないと思ってましたので、ちょっと電話もつ手が震えたよ

はじめに電話かけて来たのは小学校低学年の女の子。

お父さんに確認しないと分からないという。

どこで、分かったの?と問いかけに○○のコンビニに張ってあったのをみて分かったとのこと

よかった、あそこはたまたまコーヒー買うついでによったコンビニで張り紙をはらしてもらったところだ

子供ではらちが明かないので、親がいるところを見計らって再度電話をしたらジジイがでて、こいつが、駄目、超ムカつくどこの話じゃない。

そいつの言い分はこう

・その犬はもういらないからお宅で飼ってくれないか?

・オレも犬が大好きだから分かるが、その犬はとてもいい犬なのでほかで飼ってくれるやつがいるはずだから、そいつをお前らで探して渡してくれないか?

・引き取るのに保護代などの名目でお金が必要なら、引き取らないし、会うこともしません(実際にはフィラリア・病院代・フロントライン等で7000円くらいの出費)

頭に血がづんづん登るのがありありと分かったけど、なんとかなだめて会うことに

保護をお願いしているお宅と、保護団体のかたと、ウチで話あった結果、あまりひどい飼い主ならば犬を渡さないで里親探しに切り替えましょうということになり、場所と時間を指定して待ち合わせすることに

待ち合わせまであまり時間がないので三ちゃんがいる守谷まで慌てて高速使って迎えにいき保護していてくれたかたのお礼もそこそこに速攻で待ち合わせ場所までダッシュ。

待ち合わせ場所で団体の方とドンパパとドンママと三ちゃん。

ドンパパは寒い中ひたすら待つ。。。。奴こない。。。。奴こない。。。。奴こない。。。。オレ電話する

電話すると、ジジイがどっかいって帰ってこないらしい、こんなもんかと思いながら、そちらに向かうので住所を教えてくれと伝えると、教えたくないらしい。

子供がかわったのでこっそり住所を聞き出す。親にそちらにいくからというと、今から出かけるから来られては困るとの回答。

そんなこんなしているうちにジジイ帰宅。

どうすんだというと、ジジイんちの近くのスーパーにしてくれとの事でそちらに向かうことに

ウチらはどんだけやさしいんだろうと、ジジイはどんだけ身勝手なんだよと思いつつスーパーにつくと、そのジジイはいた。

 

そのジジイは万博公園であまり評判の良くないジジイだった。

子犬のうちだけ可愛がって、大きくなるとまた次の子犬をどこからか持ってきて可愛がって、きずくと大きくなったはずの犬は見かけなくなる

そんな飼い方をしていた、大っ嫌いなジジイだった。

首根っこをつかんで”お前のやっていることは犯罪なんだよ!”ってそのまま車に叩きつけたい衝動をなんとか抑えて

”寒いところをわざわざ呼び出してすいませんね”なんていっちゃいました

団体の方が、どうしてはぐれたのか、飼い方、フィラリア(三ちゃんはフィラリアに感染していて心臓にも行っている可能性があるらしい)、についてあれやこれや指示をしていた。(多分1ミクロンも聞いてないと思うけど)

どうもはぐれた場所は発見場所から10kmくらい離れたところらしく

車のなかでウンチをしてしまったために、厳しく怒られて、どっかにいってしまったとジジイは言っていたけど、ドンパパはそうは思ってません、車のなかでウンチをしたから車からひきずり降ろし、蹴りの一発でも見舞ってそのまま置き去りにしたと思ってます。

保護主の家でずっとウンチをしていなくて心配していたのだけれども、その原因はウンチして怒られて置き去りにされた記憶があったからできなかったのだと思います。三ちゃんはウンチをすると捨てられると思ってしまったのでしょう。(悲しい)

こどもたちも早く会いたいとせかすし、ババァもこれからはちゃんとしますなんていっちゃってるんで、まぁ良いでしょうということで渡すことに。(ドンパパは本当はやだった)

で、早速のご対面!

ケージを開けるな否や三ちゃん(ちび)は見たことも無いようなはしゃぎっぷりで手と足と尻尾がごっちゃになっちゃうんじゃないかと思うくらい前進で喜びを表現しおねぇちゃんやジジイやお母さんに飛びついてました

このジジイはお前を殺そうとしたんだよ、なんてことはどうでもいいんだなと思いました

三ちゃん(ちび)にとってはココが最高の場所なんだなと思いました

三ちゃんは多分数年後にフィラリアで死んじゃうと思います

飼われてる環境も最悪です(車の中で飼ってるらしい)

食事も満足するものももらえないでしょう

でも、ワンコにとって家族で過ごすこと意外は案外どうでもいいことなのかも知れないな

って思いました。

ワンコにとって一番大事なのは食事でも環境でもなく家族なんだなってしんのそこから思いましたよ

三ちゃん改めちびちゃん、みんなと楽しい時間を出来るだけ多くの楽しい時間をすごしてね

 

我が家の出費は 込みこみで10000円くらいかな

全部こっちで持ちましたよ、三ちゃんのためにね

請求しないことを条件に会ってるんでなにも言ってないけど、本当はジジイが払うべき

たかがお金なんだけどねと恨み節を連ねつつ、むかつくんで

電話番号も住所も分かったんで、ときどきその家に監視に行って文句いってこようかと思います

さらに、まさにこの飼い主と犬とをつなげたこの日に別の犬を捨てる瞬間に遭遇してしまいました。

薄暗い公園でドンと散歩してたら誰も居ない駐車場で男の人が大声でなにか言ってるこえが聞こえてきた。

喧嘩でもしてるのかな?よく聞いてみると、”こっちにくるな馬鹿!””あっちいけ!!”と怒鳴っている

近づいてみると、軽自動車のワンボックスのスライドドアを閉めようといているところにちょっと大型の犬が乗ろうとしている

乗りかけている犬を男の人が蹴り飛ばして犬を外に出して走り去ろうとしていた、犬はびっくりしながらもその車を追いかけていった

ドンパパは捨て犬の現場だ!と確信し、逃げてく車に駆け寄ってカメラをかざして取るフリ。

すると、車は止まり、犬を乗せてどこかへ消えてしまいました。

おそらくあの犬は他のどこかで捨てられてしまうんだろうな。。。

かなしいけどどうしていいかわからない

ちなみにその車は 銀色の軽自動車のワンボックスで番号が7363見つけたら教えてね

こんなとこばっか遭遇するドンパパはそういう仕事が向いてるのかもしれないね

でも、もう二度とこんなことはしたくない!!

 

どんとぱんはやっぱりつまんなかったね

Imgp2220_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久しぶりの更新は相変わらず懲りないねって感じの日記

また、久々になっちゃったこの日記

どんもパンも元気にやってます

そんなには遊びに行けないけど、山に行ったり、山に行ったり、山に行ったり(←山ばっかりじゃんと突っ込んでください)と冬なんで基礎体力作りに励んでおります

雪山も行きたいんだけど、なかなかタイミングが合わなくて、行こうと思うとタイヤを履き替えてなかったり、風邪引いちゃってたり、パンくんが調子悪かったりで行けずじまいですよ

今週末はつくばでも雪が降るらしんで、早起きして誰も歩いてない真っ白い公園を蹂躙しに行かなくちゃ

ちなみに、こないだの雪の時の画像・映像↓

っと、その前に。。。

こんなことよりも伝えたいことが。。。

 

実は先日、白い小型犬を保護してしまいました。

11

Dsc_0022 

【保護した日時】2011/2/4

【保護した場所】つくば市研究学園駅前公園の西側の通り

【性別】 オス

【毛色】白(ベージュ?)

【首輪】赤(皮製)

【体格】体こう40cm、体長55cm、体重8kg、立ち耳、巻き尾

【年齢】推定4~5才

【性格】人懐っこい

【一時保護団体】CAPIN CAT&DOG

http://www.capinew.jp/blog/

CAPINのブログ↑2/9に載ってますよ

誰かお友達でワンコが帰ってこないとか言ってる人いませんか?

また、里親になってもいいというかたいませんか?

いらっしゃいましたらご連絡おまちしております

 

--経緯はこう↓--

2/4にパンくんの調子が悪くなりいつもの病院に向かう途中につくばの研究学園駅前公園の前の道をとおりぬけようとしたときに、どこからか”キュ~ン”という声が。

一瞬後ろにのっていたドンちゃんが鳴いたと思ってみてみると、いつものとおりボケっとしている、隣のパンちゃんみても似たような感じ。

何かしらと思って外をみると、車が多い通りのすぐ側で小さい犬が(ウチはドンちゃんが普通だから大抵は小さい犬)がしゃがみこんで”キュイーンキュイーン”と泣いていた。

怪我でもしてるのかな?と思って咄嗟に車を停めてしまった(見なかったことにすればいいのに。。。)、しょうがないので近づいてみると、そのワンコは泣き止んでこちらをじーっと見てる、こっちもちょっと離れてじーっと観察してると、どうも怪我はしていないらしい。

であればよし!自力で頑張れ!車にひかれるなよ、達者でナ!

ということで車に戻ってサッサとパンくんの病院に行こう!と思って歩き出すとテケテケと付いてくる。

ヤバイ。。。いつもこうだ。。。どうしよう。。。こなまま付いてきたら車に轢かれちゃうよ。。。

でも今日はパンちゃんの病院という大事な仕事があるのでどうしようと困ってると、ドンママが近くに交番があるから、そこでお願いしよう、との提案。それはよいねってことでとりあえず交番に預けて落し物の書類を書いてパンくんの病院へダッシュ

病院が終わって交番に小さいワンコの様子を電話で確認すると、もう中央警察署に送っていまったとのこと、(早いね)。

中央警察署に電話をすると、2日程度預かって飼い主が現われなかったら笠間の動物指導センターに回収してもらうとのこと。

え、?そんなに早く、あの、あの笠間に連れてかれてしまうの!?

パンくんの故郷である、あの笠間の動物指導センターに!!??

あそこに行ったらいろんな病気もあるし、引き出すのが大変(パンくんで経験済み)

あんなとこにいかせらんないよ

1週間くらい警察で預かってくれるかと思って、その間に飼い主が迎えにきてくれるかな~なんて”あまーい”考えだったドンパパなので、慌てて一時預かり先を探すことに

2日ってみじかいな~と思ってテンパったね

すぐにチラシを作って公園や団地に張りまくった(カラーコピー高かったね)

一時預かりもいろいろあたってみたけど、お友達のところはみんな多頭飼だし、ウチもパンくんで手一杯でなにもしてあげられない。

動物愛護団体にもいっぱいメールしたけど、なかなか空きがないみたい。

どんどん時間が過ぎていく。。。

パンくんのときも思ったけど、もうこんな思いするのは嫌だなと思った

不安と後悔、あんな道通らなければとか思っちゃう

気づかなければ良かったって思ってしまう

なんでいつもこんなことしてしまうんだろう

もっとお金と時間と土地と、いろいろ余裕があればな。。。

なんて、ネガティブな考えが滝のようにあふれてきて、どうしようと思っていたときにメールが

 『動物愛護を考える茨城県民ネットワーク CAPIN CAT&DOG』

という団体から一時預かりの申し出が!

やった!よかったー!

ということで、とりあえず命拾いした。

CAPINさん本当にありがとう!

CAPINのブログを読むと本当に大変そうなのでなんだか申し訳ない

こちらも飼い主探しと、里親探しを頑張ってやらないといかんね!

※名前をつけろということなので”サンタ”となずけました(理由は三番目だから)

   三ちゃんってよんでね

----

ということで、ウチのドンタコスとパンチョスは休みの間つまんなかったみたい

今度の3連休はどっかいこうか!

 

そうそう、こないだの雪の画像・映像です

パンくんは初雪です!

Imgp2227_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »