« 久しぶりの更新は相変わらず懲りないねって感じの日記 | トップページ | こんな何気ない幸せな日々が続きますように »

さんちゃん(仮名)改め”ちび”(本名)飼い主現るの巻

三ちゃん(仮名)の飼い主が見つかりました!

Img_twins1 ←↓とってもにてる

Dsc_0022

やった、すごい!99.9%見つからないと思ってましたので、ちょっと電話もつ手が震えたよ

はじめに電話かけて来たのは小学校低学年の女の子。

お父さんに確認しないと分からないという。

どこで、分かったの?と問いかけに○○のコンビニに張ってあったのをみて分かったとのこと

よかった、あそこはたまたまコーヒー買うついでによったコンビニで張り紙をはらしてもらったところだ

子供ではらちが明かないので、親がいるところを見計らって再度電話をしたらジジイがでて、こいつが、駄目、超ムカつくどこの話じゃない。

そいつの言い分はこう

・その犬はもういらないからお宅で飼ってくれないか?

・オレも犬が大好きだから分かるが、その犬はとてもいい犬なのでほかで飼ってくれるやつがいるはずだから、そいつをお前らで探して渡してくれないか?

・引き取るのに保護代などの名目でお金が必要なら、引き取らないし、会うこともしません(実際にはフィラリア・病院代・フロントライン等で7000円くらいの出費)

頭に血がづんづん登るのがありありと分かったけど、なんとかなだめて会うことに

保護をお願いしているお宅と、保護団体のかたと、ウチで話あった結果、あまりひどい飼い主ならば犬を渡さないで里親探しに切り替えましょうということになり、場所と時間を指定して待ち合わせすることに

待ち合わせまであまり時間がないので三ちゃんがいる守谷まで慌てて高速使って迎えにいき保護していてくれたかたのお礼もそこそこに速攻で待ち合わせ場所までダッシュ。

待ち合わせ場所で団体の方とドンパパとドンママと三ちゃん。

ドンパパは寒い中ひたすら待つ。。。。奴こない。。。。奴こない。。。。奴こない。。。。オレ電話する

電話すると、ジジイがどっかいって帰ってこないらしい、こんなもんかと思いながら、そちらに向かうので住所を教えてくれと伝えると、教えたくないらしい。

子供がかわったのでこっそり住所を聞き出す。親にそちらにいくからというと、今から出かけるから来られては困るとの回答。

そんなこんなしているうちにジジイ帰宅。

どうすんだというと、ジジイんちの近くのスーパーにしてくれとの事でそちらに向かうことに

ウチらはどんだけやさしいんだろうと、ジジイはどんだけ身勝手なんだよと思いつつスーパーにつくと、そのジジイはいた。

 

そのジジイは万博公園であまり評判の良くないジジイだった。

子犬のうちだけ可愛がって、大きくなるとまた次の子犬をどこからか持ってきて可愛がって、きずくと大きくなったはずの犬は見かけなくなる

そんな飼い方をしていた、大っ嫌いなジジイだった。

首根っこをつかんで”お前のやっていることは犯罪なんだよ!”ってそのまま車に叩きつけたい衝動をなんとか抑えて

”寒いところをわざわざ呼び出してすいませんね”なんていっちゃいました

団体の方が、どうしてはぐれたのか、飼い方、フィラリア(三ちゃんはフィラリアに感染していて心臓にも行っている可能性があるらしい)、についてあれやこれや指示をしていた。(多分1ミクロンも聞いてないと思うけど)

どうもはぐれた場所は発見場所から10kmくらい離れたところらしく

車のなかでウンチをしてしまったために、厳しく怒られて、どっかにいってしまったとジジイは言っていたけど、ドンパパはそうは思ってません、車のなかでウンチをしたから車からひきずり降ろし、蹴りの一発でも見舞ってそのまま置き去りにしたと思ってます。

保護主の家でずっとウンチをしていなくて心配していたのだけれども、その原因はウンチして怒られて置き去りにされた記憶があったからできなかったのだと思います。三ちゃんはウンチをすると捨てられると思ってしまったのでしょう。(悲しい)

こどもたちも早く会いたいとせかすし、ババァもこれからはちゃんとしますなんていっちゃってるんで、まぁ良いでしょうということで渡すことに。(ドンパパは本当はやだった)

で、早速のご対面!

ケージを開けるな否や三ちゃん(ちび)は見たことも無いようなはしゃぎっぷりで手と足と尻尾がごっちゃになっちゃうんじゃないかと思うくらい前進で喜びを表現しおねぇちゃんやジジイやお母さんに飛びついてました

このジジイはお前を殺そうとしたんだよ、なんてことはどうでもいいんだなと思いました

三ちゃん(ちび)にとってはココが最高の場所なんだなと思いました

三ちゃんは多分数年後にフィラリアで死んじゃうと思います

飼われてる環境も最悪です(車の中で飼ってるらしい)

食事も満足するものももらえないでしょう

でも、ワンコにとって家族で過ごすこと意外は案外どうでもいいことなのかも知れないな

って思いました。

ワンコにとって一番大事なのは食事でも環境でもなく家族なんだなってしんのそこから思いましたよ

三ちゃん改めちびちゃん、みんなと楽しい時間を出来るだけ多くの楽しい時間をすごしてね

 

我が家の出費は 込みこみで10000円くらいかな

全部こっちで持ちましたよ、三ちゃんのためにね

請求しないことを条件に会ってるんでなにも言ってないけど、本当はジジイが払うべき

たかがお金なんだけどねと恨み節を連ねつつ、むかつくんで

電話番号も住所も分かったんで、ときどきその家に監視に行って文句いってこようかと思います

さらに、まさにこの飼い主と犬とをつなげたこの日に別の犬を捨てる瞬間に遭遇してしまいました。

薄暗い公園でドンと散歩してたら誰も居ない駐車場で男の人が大声でなにか言ってるこえが聞こえてきた。

喧嘩でもしてるのかな?よく聞いてみると、”こっちにくるな馬鹿!””あっちいけ!!”と怒鳴っている

近づいてみると、軽自動車のワンボックスのスライドドアを閉めようといているところにちょっと大型の犬が乗ろうとしている

乗りかけている犬を男の人が蹴り飛ばして犬を外に出して走り去ろうとしていた、犬はびっくりしながらもその車を追いかけていった

ドンパパは捨て犬の現場だ!と確信し、逃げてく車に駆け寄ってカメラをかざして取るフリ。

すると、車は止まり、犬を乗せてどこかへ消えてしまいました。

おそらくあの犬は他のどこかで捨てられてしまうんだろうな。。。

かなしいけどどうしていいかわからない

ちなみにその車は 銀色の軽自動車のワンボックスで番号が7363見つけたら教えてね

こんなとこばっか遭遇するドンパパはそういう仕事が向いてるのかもしれないね

でも、もう二度とこんなことはしたくない!!

 

どんとぱんはやっぱりつまんなかったね

Imgp2220_1

|

« 久しぶりの更新は相変わらず懲りないねって感じの日記 | トップページ | こんな何気ない幸せな日々が続きますように »

コメント

お久しぶりです。

あけおめブログからずっと更新されてなかったので、もしかしたらパン君に何かあったんじゃないかと、実際パン君の調子は悪かったようですが、失礼ながらそのことはぶっとんでしまいました!!

ひどい!!
なんてことに遭遇されてたんでしょう!!
悲しいし、悔しいしやりきれないですね。
犬に対するひどい現実には、例えばテレビのスイッチを切るとか、小さな抵抗をしてきました。何も出来ない自分にも悔しくて蓋をしてました。
だから実際そういう場面に遭遇された、ドンパパ、ママの気持ちが痛い程わかります。

本当にお疲れ様でした。

そんなひどいジジイに、第2弾の捨てかけオヤジは、次は捨てられたりいじめられたりする犬に生まれ変わって、我が身をもって反省してほしいと思う。

私も余生は、放し飼いに出来る田舎で犬に携わる仕事がしたいと考えてます。
ここでは出来ることに限りがあり、やるせないこと、悲しいことが多すぎます。

本当にみんな幸せに生まれて、生きて、犬生を全うしてほしいと願うばかりです。

また会いたいなぁ!!

投稿: こなつママ | 2011年2月16日 (水) 11時52分

サンちゃんのことお疲れさまでした。。

無事に戻れて良かったねって思ってたけど
裏事情があったんだ・・・

このクソジジィみたいな人けっこういるよ。
うちの近所にも小さいうちは可愛がって大きくなると散歩もせず
欲しい人がいるからあげたって・・・
でもね、私に食べてたフードがあるから食べさせる?って言うの。
もし、違う飼い主さんに託すのなら食べてるフードも渡すよね(-_-メ)
そんな風に、2頭も行方知れず。

ドンパパも、よく我慢したね。
私だったら、感情に任せて言いたくないこと言っちゃうかも
でも、どんな飼い主でもワンにとっては
親なんだよね。
とにかく、放置だけはやめてほしいよ。

小さくたって命なんだからね。

投稿: ごんすずりんママ | 2011年2月16日 (水) 15時25分

ごんすずりんママさん

見つかってよかったと思ったんだけどね
こんなジジイみたいな人多いんだよね
”子供の教育のために飼いました”みたいな人は、結局子供なんて面倒みなくなって、家の隅っこでワンコ一人ぼっちになっちゃって逃げてもとくに探さない。探してもらえないワンコって超切ないよね
犬にも人間と同じ感情があるってこと分かって欲しいよ

でも、ドン家はこういうレスキュー見たいのは好きでやってるんじゃないんだよ!?、たまたま遭遇しちゃうのよ、困っちゃいます

投稿: どん | 2011年2月19日 (土) 15時39分

こなつママさん

お久しぶりです。
今はもう、どんもパンも元気ですよ。

このワンコはそこらの放浪しているワンコと違って、ペタンと座って明らかに助けを求めて、途方にくれて居たんで、さすがに無視はできなかったのよ

でもドン家は好きでレスキューしてるんじゃないのよ!?
たまたまそういう現場にあってしまってるだけで。
本当はドンとパンと楽しく暮らしたいだけです

また、遊びましょうね
パンが見違えるほどたくましくなってるよ

投稿: どん | 2011年2月19日 (土) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290637/38887738

この記事へのトラックバック一覧です: さんちゃん(仮名)改め”ちび”(本名)飼い主現るの巻:

« 久しぶりの更新は相変わらず懲りないねって感じの日記 | トップページ | こんな何気ない幸せな日々が続きますように »