« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

今年のドンちゃん水泳部はどうだった?

関東地方では最近はちょっと肌寒いくらいで、そろそろ、川に行くのも人間が辛くなって来ましたね

今年はブログにはあまり書いてないけど、いろいろな川に行ってきました

それを写真とともに紹介します

まずここ↓

Imgp2661

今年は、微妙に大雨が続いていつもの川に行けない場面が結構あった

それでも昼間は灼熱地獄でドンのお散歩をのんきにやっている場合ではないので

ドンママとドンパパでない知恵絞ってたどり着いてのがこの川。

ここは大雨の次の日でも推移は一定。

なぜなら大きなダムのすぐしたにあるため水位は調整されているのです。放水するときは1時間にサイレンを鳴らし、実際の放水がさらに数時間後らしいので、サイレン聞こえたらソッコーで逃げればOK!

ただ、キレイなんだけど水の透明感にやや不満。

大雨続きで他の川が流れが速くて遊べない時用にしよう

Imgp2669

悪くないんだけどね、水かさが増して他にいけないときはここに来よう

ウチの実家の近くの水のある公園

Imgp2684

はい、汚いです

子供たちは裸になって遊んでますが、いつものドンの川に比べたら全然だけど

まぁ、これはこれでいろんな人に撫でてもらいながら水遊びするのもいいかなと

Imgp2685

Imgp2686

でも川はココがいいかな↓ここはドンちゃんが毎年泳いでる川で今年も何回も行きました

Imgp2779_1_r

水はきれいだし、いろんなポイントも知ってるし、水量とか、流れの強さとか、人の多さで自在にポイントを選べるのがいいね

Imgp2753

ドンちゃん気持ちよさそうでしょ

他にもキレイな川も行ってきたけど、それは次回紹介するね

でも今年も本格的に川遊びするのは1,2回だね、ちょっとさびしいね

Ca3j0251_1

※そういえば、こないだ川から上がってきて、車のまえでまったりしてたら

ワンコ乗っけた車が通り過ぎたとおもったらもどってきて、なんだろうとおもったら

”りんままさん”と”やしちママ”さんが降りてきて声をかけられてびっくり!

まさかこんなところで会うなんて!(って思うくらい山の中なんですよ)

今度は一緒に遊んでね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パンくんのこと

またまた久々になってしまったブログの更新はパンのことを書きます

なんでかというと、少し前になるんだけど去年のパンの巨大食道症のブログ記事に同じ巨大食道症のワンコと暮らしている人からコメントがついて、”ともに頑張りましょう”との内容

とっても嬉しかった!

同じ境遇の人が居て、不安になり、ネットで”巨大食道症”と検索をかけ、パンの記事にたどりつき、ともに頑張ろうと言ってくれた!

実はドン家の孤独で地味な戦いはずっと続いていて、これからもずっと続いていくのだけれども、そんな家族をインターネットが繋げてくれた。

インターネットってすばらしいって思ったよ。

そんな”巨大食道症”で孤軍奮闘している人たちに、さらに仲間になってもらうために今回はパンとの生活とパンが頑張って幸せに生きてる写真をのっけよう

 

パンは巨大食道症という病気をもって生まれてきました

Dsc04239

普通の食道(口から胃袋までのいわゆる食道)は伸び縮みして食べ物が通るとき以外はぺったんこになっていて、口から入ったものを胃袋まで運ぶ役割を持ってます

しかし巨大食道症の食道は字の如く、食道が巨大なままになって食べ物を自力で胃袋まで持っていくことが出来ません

Dsc04670

なので、巨大食道症のワンコは食べても食道に食べ物が溜まってしまい、自力で栄養はおろか水も取ることが出来ないのです

じゃ、我が家のパンはどうしているのかというと

食事の後に食道を垂直方向に維持し、重力で食べ物が胃袋に落ちていくのを待ちます

Ca3j0153_1 

これが結構大変。

体勢を維持し続けるのが疲れるのよ、壁とかに勝手に手をかけてくれてればラクなんだけど、そんなことしてくれるわけないんで、抱っこしたり、立たせたまま後ろから支えたりと、何だかんだとやって、ごっくんと入るのを待ちます

結構コツがあってドンママが師匠です

背中をトントンと叩いたり、喉をゆっくりマッサージしてみたり、抱っこしたまま小ジャンプしてみたりと、その時々でいろんな技をくりだすドンママ、パンくんと息がぴったり

Dsc04685_2

通常は完全に入るまで30分~1時間くらいかな

うまく胃袋に入らない場合(食べ物の形状や重さなどによって違います)は3時間以上掛かることもしばしば。。。

また、巨大食道症の子は一度にたくさん食べることが出来ないので少しずつ1日3回あげてます

なので、1時間x3回がパンのご飯タイムに掛かる時間

こんなに苦労してもパンくんの体重は増えてくれないんだよね

今、10kgくらいかな?

Imgp1667

はじめはなんて可哀想な病気なんだって思って悲観してたけど、パンくんを見てると、本人は何にも気にしてないんだなと思うよ

だって、山でどろんこなったり、川で泳いで見たり、海で波に揺られてみたり、公園で走り回ったりと毎日楽しそうだもん、自分が障害をもってるなんて全然思っていません

去年の夏↓

Imgp0397

Dsc04347 

先住家族もパンくんのことをちゃんと受け入れてくれてるし

Ca3j0151

Imgp2375

Dsc04679

Imgp1972

Ca3j0250 

パンくんの相手をするのは凄く大変だけど、頑張ってきて本当によかったよ!

どこかのえらい動物のお医者さんが、安楽死を進めてきたときもあったけど

今のパンくんをみたらその医者はなんて言うんだろうね

ほら、やっぱり大変でしょ!?っていうのかな?殺しとけばよかったでしょって言うのかな?

ラクチンに育てられる動物なんていねーよ

パンくんもちょっと手が掛かるだけのワンコだよ

ね、パンくん

Ca3j0058

Imgp2196_1

Ca3j0145

Dsc04560_1_2   

もし、巨大食道症の病気を持ったワンコと暮らしてる人がいたら、教えてくださいね

みんなで一緒に苦労しましょ、どんどん手伝っちゃうよ、情報のやり取りもじゃんじゃんしましょう

こんな病気に負けないように。

本人はただ、生きることとあなたの事だけを考えてますから

出来るだけ力になってあげましょう

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »